「ナンセンス」とは?意味を解説!

「ナンセンス」というカタカナ語の意味について解説します。ナンセンスの意味をしっかりと理解しましょう。

目次

  1. ナンセンス
  2. ナンセンスの意味とは
  3. ナンセンスの対義語
  4. ナンセンスを使った文章・例文

ナンセンス

「ナンセンス」という言葉の意味や使い方について解説します。

英語では、「nonsense」と書きます。

日常会話やビジネスの場など、幅広い場面で使われる言葉ですが、皆さんは、ナンセンスという言葉の正しい意味を知っていますか。

赤塚不二夫さんが描く世界は、ナンセンス漫画と称され、古くから使われている言葉です。

正しい意味を知っていると、堂々と使うことができるので、この機会に意味や使い方を理解していきましょう。

ナンセンスの意味とは

ナンセンス(nonsense)とは、英語で「無意味な言葉。たわごと。ばかげた考え。つまらないこと。戯詩。ノンセンス詩」という意味になります。

使い方等、難しいですが、文章にしてみると意外と簡単に使うことができます。
例えば「その企画内容はナンセンスだね」という文章は「その企画内容は面白くないね」という意味になります。

また、同じような言葉として「ノンセンス」という言葉がありますが、こちらはナンセンスとほとんど同じ意味のため、合わせて覚えておきましょう。

>

ナンセンスの対義語

ナンセンスの対義語は、「センス」です。
ナンセンスがネガティブな表現であることに対して、センスは、ポジティブな意味になります。

ナンセンスを使った文章・例文

  1. 人の職業を批判するのはナンセンスだ。
  2. 赤塚不二夫の漫画は、ナンセンスで面白い。
  3. 赤塚不二夫の世界観は、ナンセンスというネガティブな言葉に価値を与えた。
  4. ナンセンスと面白さは表裏一体だ。
  5. お笑いや音楽の批評はナンセンスだからするものではない。
  6. ナンセンスな行動を取るのはやめなさい。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ