「ディスコン」とは?意味や使い方を解説!

「ディスコン」という言葉を聞いたことがありますか?この記事では「ディスコン」というカタカナ語の意味や使い方について解説します。合わせて、英語なども解説します。

目次

  1. ディスコン
  2. ディスコンの意味とは
  3. ディスコンを使った文章・例文

ディスコン

「ディスコン(discon)」という言葉の意味や例文について解説します。

あまり耳馴染みのない言葉ですが、皆さんは意味や使い方をご存知でしょうか。

ある単語を省略した言葉になります。

IT用語として用いられることが多く、パソコンを使う方は、ご存知かもしれませんが、あまり知られていない言葉です。

この機会に、ディスコンという言葉について深く知っていきましょう。

ディスコンの意味とは

ディスコン(discon)とは、「ディスコンティニュー(discontinued)を略した言葉で、中断する。中止する。打ち切る。やめる。終わる。」という意味です。

ディスコンティニュー(discontinued)は、IT用語として用いられることが多く、「ソフトウェアの開発や更新の終了。製品サポートの打ち切りやサービスの中止。」などの意味を持ちます。

更に、工業製品の製造、販売の停止やこれ以上、新作を出さないと決定した際に用いられることもあります。

また、ディスコンという、円盤を投げてポイントを競うスポーツもあります。

円盤(ディスク)を操作(コントロール)することから、ディスクコントロールを略してディスコンとなりました。

ディスクコントロールは、IT用語ではないので注意しましょう。

>

ディスコンを使った文章・例文

  1. このソフトウェアはディスコンだから使えない。
  2. 長く親しまれた製品だったがディスコンとなることが決まった。
  3. この商品は、需要がなくなったので、ディスコンになってしまった。
  4. 新製品開発のため、旧製品の開発はここでディスコンとなります。
  5. ソフトウェアがディスコンになったので、新しいソフトウェアをインストールしよう。
  6. この製品はディスコンとなったが、代替品のような製品はまだ売り出されている。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ