「マネジメント」とは?意味や使い方を解説!

「マネジメント」という言葉を聞いたことがありますか?この記事では「マネジメント」というカタカナ語の意味や例文について解説します。合わせて、英語なども解説します。

目次

  1. マネジメント
  2. マネジメントとは
  3. マネジメントの使い方・例文

マネジメント

この記事では「マネジメント」解説させていただきます。

みなさんはマネジメントという言葉はご存知でしょうか?
仕事においてマネジメントは重要である、マネジメント関連の職についていますなどというようなセリフを聞いたことがある方も少なくないと思います。

しかし、マネジメントがそもそもどんな意味をもっているのか知らない人も多いのではないでしょうか?もし曖昧に使っていた方はこの記事を参考に理解を深めていきましょう。

マネジメントとは

マネジメントとは「経営・管理」という意味があります。

現代社会の中でもマネジメントが重要視される傾向にあるのは、何かを管理することが苦手な人が多いことも一つとして考えられます。そのため、仕事が出来る人や上の地位の役職として、お金や一日のスケジュールなどを管理する役割が与えられるマネージャーというポジションが存在します。

一般的にマネージャー別名管理職と呼ばれる人たちの役割は「会社や組織の成果に対して責任を持つ」ことにあります。

職業を聞かれたときにマネジメント関連の職に就いているという場合は、経営経済に関連する企業である場合や、その人自身がマネージャーなどの管理職についていることを指していることになります。

また、マネジメントは英語では『management』と表されます。英語に対する直訳についても「経営・管理」となります。簡易的な書面や相手に説明する場合などは「mgt」と略して表される場合もあるようです。

マネジメントの使い方・例文

マネジメントの例文についてご紹介させていただきます。

1.あの人はマネジメントがしっかりとしている。
2.マネジメント関連の企業に属している人は理系が多い。
3.日常生活においてもマネジメントは重要である。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ