「マタニティブルー」とは?意味や使い方を解説!

「マタニティブルー」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「マタニティブルー」について解説します。

目次

  1. マタニティブルー
  2. マタニティブルーの意味とは
  3. マタニティブルーを使った文章・例文

マタニティブルー

マタニティーブルー」という言葉について解説します。

男女、または結婚・出産の経験の有無に関わらず、一度はテレビや雑誌などで見聞きしたことがある言葉ではないでしょうか。

とはいっても、意味や実際にどんなものなのかということまでは詳しく知らないという方も多いかもしれません。

ここではそんな「マタニティーブルー」という言葉について意味や使い方などを紹介していきます。

ぜひ最後までご覧になって、整理してみてください。

マタニティブルーの意味とは

>

マタニティーブルーとは「妊娠中や、出産直後の母親が精神的に不安定になったり、鬱症状が出たりすること」を指す言葉となっています。

マタニティーブルーは、妊娠・出産によってホルモンバランスが大きく崩れることによっていらいらしたり悲しくなったりと、気持ちが不安定になることですが、

2人に1人はマタニティーブルーになると言われていて、多くは2週間前後で自然に回復するようです。

このようにほとんどが一過性のものと言われていますが、人や状況によっては鬱症状が長引いてしまうこともあるので注意が必要です。

マタニティブルーを使った文章・例文

  • 旦那の何気ない言葉にやけにいらいらしたあの時期は、今思えばマタニティーブルーだったのかもしれない。
  • 育児へのプレッシャーでマタニティブルーになっていたが、母親の何気ない一言で救われた。
  • マタニティーブルーは出産した女性の約半数はかかると言われていて、深刻に考えすぎてもいけないが、ケアは必要といえそうだ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ