「名前負け」とは?意味や使い方を解説!

「名前負け」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「名前負け」について解説します。

目次

  1. 名前負け
  2. 名前負け(なまえまけ)の意味とは
  3. 名前負けの使い方・例文

名前負け

名前負け」という言葉について解説します。

「名前負けしないように頑張る」と使ったりするこの言葉ですが、皆さんも一度はどこかで見聞きしたことがあると思います。

分かりやすい字面なので、意味もそのまま把握している方もいらっしゃるとは思いますが、ここで一度しっかりと整理して把握してみてはいかがでしょうか。

ここでは「名前負け」という言葉の意味や使い方をきちんと紹介していきますので、ぜひ最後までご覧になってみてください。

名前負け(なまえまけ)の意味とは

名前負け(なまえまけ)とは「名前がりっぱ過ぎて、実物が見劣りすること」という意味の言葉となっています。

ということで、人に対して使うとかなり侮辱的な表現になってしまうので避けるようにしたほうがいいといえます。

ネーミングが仰々しい物や商品などに対して身内で使う程度がおすすめといったところでしょうか。

ちなみに、文化庁が平静27年度に発表した国語に関する世論調査では約90%の方が本来の意味で把握してるものの、10%近くの方は「名前を聞いただけで気後れしてしまうこと」として使っているという結果がでました。

>

名前負けの使い方・例文

名前負けの使い方として、やはり使う際は誰に対して言うのか、どこで言うのかを注意して使うのがおすすめです。

<例文>

  • 師匠の名前を受け継いだが、今のままの実力では名前負けしてしまう。
  • 絶対に成功するダイエットと聞いてやってみたが、名前負けというかほとんど詐欺だった。
  • 親がつけてくれた名前に名前負けしないように頑張りたい。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ