「バカにする」とは?意味や使い方を解説!

「バカにする」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「バカにする」について解説します。

目次

  1. バカにする
  2. バカにするの意味とは
  3. バカにするの使い方・例文

バカにする

バカにする」という言葉は、日常生活の中でもビジネスの場でもよく使われますね。

「バカにしているのか!」と相手に対して怒る場面などはテレビドラマや映画でもおなじみです。

「バカにする」はよく聞く言葉ながら、その意味や使い方は意外に知られていないかもしれません。
この機会に知っておいてくださいね。

この記事では「バカにする」の意味や使い方を解説します。

バカにするの意味とは

>

「バカにする」は、漢字では「馬鹿にする」と書きます。

「バカにする」の意味は「相手を自身よりも劣ったものとみなして侮ること」です。よく使われる表現で、なじみのある使い方も多いですね。

例えば「人をバカにするのもいい加減にしろ!」という表現を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

似た表現には「小馬鹿にする」というものもあります。

これは「いかにも人をバカにした扱いをする」といった意味があって、「バカにする」よりもおちょくったようなニュアンスの強い言葉です。

バカにするの使い方・例文

  1. 契約が決まりかかっていたのにいきなり白紙に戻すだなんて。人をバカにするのもいい加減にしろ!
  2. 大学生の頃から自分が特権階級だと思い込んでいた。人のことを小馬鹿にするばかりで、本当の自分と向き合うことを避けていたことがやっとわかった。
  3. あなたが人のことを頻繁にバカにするように、あなたも別の人からはバカにされていることを知るべきだ。
  4. バカにされていい人間なんてどこにもいないことをまずは知るべきだ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ