「勘が鋭い」とは?意味や使い方を解説!

「勘が鋭い」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「勘が鋭い」について解説します。

目次

  1. 勘が鋭い
  2. 勘が鋭いの意味とは
  3. 勘が鋭いを使った文章・例文

勘が鋭い

皆さんの周りに「勘が鋭い」と思う人はいますか?
他の人が隠し事をしている気配を察知できたり、テストのヤマがことごとく当たったり…なんてことができる人というのは、稀にいるものです。

今回は「勘が鋭い」という言葉について詳しく解説します。

勘が鋭いの意味とは

勘が鋭いとは「根拠のない直感でひらめいたことが、とてもよく当たること」という意味です。

「勘がいい」とも言います。意味としては大きな違いはありませんが、体感として「勘がいい」よりも「勘が鋭い」の方が程度が高い印象を受けます。

勘が鋭い人とは、単にあてずっぽうで言ったことがよく当たるというような神がかり的な人物ではありません。
日ごろから観察眼に優れ、周囲の変化や異質な兆候に敏感であるという特徴を持っています。
また、冷静に物事を分析する力に秀でているという特徴もあります。
つまり勘が鋭い人とは周りをよく観察して、心に引っかかったことを落ち着いて分析することで、何かに気づくことが得意な人であるということです。
それ故に、鋭い直感でひらめいたことが的確な指摘となりうるのです。

勘を鋭くするためには、何事にも興味を向けてよく知ることが第一だと言えます。
何かに疑問を持ったら疑問のまま放っておかず、納得のいくまで調べる。
人の言動をよく見て、心の機微を感じ取る。
そうやってあらゆることにアンテナを立てて吸収していくことで、周囲の変化に敏感になり、鋭い直感を手に入れることができるでしょう。

>

勘が鋭いを使った文章・例文

  1. あの人はとても勘が鋭いようで、会って早々にこちらの体調不良を気遣われた。
  2. 父はおいしいお店を見つける事に対してはとても勘が鋭くなる。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ