「遂行」とは?意味や使い方を解説!

「遂行」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「遂行」について解説します。

目次

  1. 遂行
  2. 遂行の意味とは
  3. 遂行を使った文章・例文

遂行

遂行」という言葉について解説します。

遂行というと、ビジネスシーンやかしこまったような場で使われる少し堅い言葉というイメージがあると思います。

なかなか日常会話の中で使うことが少ない言葉ではありますが、見聞きすることは多々あるのではないでしょうか。

ここではそんな「遂行」という言葉について、意味や使い方を紹介していきますので、みなさんも一緒にしっかりと整理、把握してみてください。

また、例文もいくつか紹介します。ぜひ最後までご覧になってください。

遂行の意味とは

遂行とは「物事をなしとげること、やりとおすこと」という意味の言葉となります。

ということで、よく出てくる使い方である「遂行する」といった場合は「物事をやりきる」という意味になります。

日常でよく使う「やりとおす」「やりきる」という言葉の堅い言い方、フォーマルな言い回が「遂行」という言葉だと覚えておくといいと思います。

失敗できない業務や任務にあたる際に使われることが多く、「なしとげる」という前提がある言葉なので、少し緊張感を持った言葉とも言えるかもしれませんね。

>

遂行と執行

遂行の類語として挙げられることもある言葉に「執行」があります。

同じ意味の言葉だと間違ってしまうこともあるので、ここではその違いを紹介します。

遂行は、さきほども出たように「やりきる、やりとおす」という意味ですが、執行は「執り行うこと」なので、やりきるという意味ではなく「何かを実行すること」となります。

やりきるのではなく、「なにかをやること」を指していますので、意味が若干異なるのが分かると思います。

遂行を使った文章・例文

  • 災害救助にあたっていた自衛隊の、与えられた任務を絶対に遂行する。というセリフにグっときた。
  • 社運をかけたこのプロジェクトを必ずや遂行せよと、部長からの檄が飛んだ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ