「老練」とは?意味や使い方を解説!

「老練」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「老練」について解説します。

目次

  1. 老練
  2. 老練の意味とは
  3. 老練の使い方・例文

老練

老練(ろうれん)」という言葉の意味や使い方について解説します。

この「老練」という言葉は「豊富な経験を積んでいて、物事に慣れていて巧みなこと。」といった意味を持つ言葉ですが、皆さんはご存知でしょうか。

よく「老練の弁護士」や「老練の船乗り」といった使い方をします。

その職業を極めた人などに対して使用することが多い言葉です。

また、似た言葉に「老巧」があります。

文字も似ていますが、意味も極めて似ています。

今回は老巧についても解説するので、この機会に「老練」について詳しく知っていきましょう。

老練の意味とは

>

老練とは「豊富な経験を富み、物事に非常に慣れていて巧みであること。また、その様子。老巧。」という意味を持つ言葉です。

読み方は「ろうれん」となります。

使い方としては、「老練の医者は、患者の表情を見ただけでなんの病気を患っているかわかる。」といった表現が一般的です。

類義語には「達者」「老巧」「老成」「老功」などがあります。

老巧とは「豊富な経を積んでおり、物事をするのに巧みで抜け目がないさま。」といった意味を持ちます。

どちらも非常に似た言葉なので、合わせて覚えておくと良いでしょう。

老練の使い方・例文

  1. 老練の弁護士は、被告側の意地悪な反対尋問に対しても冷静沈着に応え、見事に被害者の弁護をしてのけた。
  2. 老練の靴職人は客の足を見ただけで、その人に合う素材や色を見極めることができる。
  3. 老練の刑事は、道行く人の目の動きを見ただけで犯罪者かどうか見極めることができる。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ