「焦らす」とは?意味や使い方を解説!

「焦らす」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「焦らす」について解説します。

目次

  1. 焦らす
  2. 焦らすの意味とは
  3. 焦らすの使い方・例文

焦らす

皆さんは、「焦らす(じらす)」という言葉をご存知でしょうか。

日常的に使われる単語なので、見聞きしたことのある方がほとんどだと思います。

この記事では、「焦らす」の意味を解説させていただきます。

焦らすの意味とは

>

「焦らす(じらす)」とは、「からかったり、理由も無く待たせたりして、人をイラ立たせること」「その人が待ち望んでいることを意識的に遅らせ、イラ立たせる」という意味です。

焦らすことは本来良いことではありません。人をからかったり、わざと怒らせる行為に繋がるので、意図的に物事を遅らせるなどの行為は避けましょう。

「じれったい」という言葉がありますが、これは「焦らされる」という意味です。焦らす人がいれば、必ず焦らされてイライラしている人がいます。

最近では、SNSでの返信をわざとせずに放置しておいて焦らして遊ぶなどの楽しみ方が若い人を中心に増えています。

しかし、焦らすというのは本当は人を怒らせる迷惑な行為です。遊びだからと焦らし過ぎるのはやめて、怒らせない程度に慎みましょう。

焦らすの使い方・例文

ここで、「焦らす(じらす)」を使った例文をご紹介します。

1.電話が鳴ってもすぐには出ず、相手を焦らしてから出るようにしている。
2.急いでいるというのに、焦らすかのようにゆっくりと彼女は口を開いた。
3.彼は人を焦らして怒らせるのが好きらしく、何を頼んでもわざと納品を遅らせて来る。
4.SNSはすぐに返信せず、返事を待たせて焦らすのがモテるコツだ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ