「嗚咽」とは?意味や使い方を解説!

「嗚咽」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「嗚咽」について解説します。

目次

  1. 嗚咽
  2. 嗚咽の意味とは
  3. 嗚咽の使い方・例文

嗚咽

嗚咽」という言葉の読み方、意味や使い方について解説します。

読み方は「おえつ」となります。

この「嗚咽」とは、泣いている様子を形容する言葉になりますが、皆さんは聞いたことがあるでしょうか。

声を詰まらせながら泣くことといった意味を持つ言葉になります。

また、この「嗚咽」という言葉は、「えずく」という言葉と混同されることがあります。

嗚咽とえずくは、まったく意味が異なるため、それぞれの正しい意味を理解しておく必要があります。

今回は、そんな「嗚咽」について詳しく解説するので、この機会にしっかりと理解いていきましょう。

嗚咽の意味とは

嗚咽(おえつ)という言葉の正しい意味は「声を詰まらせながら泣くこと。むせび泣き。すすり泣き。」となります。

使い方としては「悲しいストーリーの映画を観て嗚咽する。」といった表現が一般的です。
 

このように「嗚咽」という言葉は、泣いている様子を形容する言葉になります。

号泣して声が漏れ出てしまっている様子や、号泣して感情が高ぶって我慢しきれない様子を表す際に使用することが多いです。

また、この「嗚咽」という言葉は、「えずく」という言葉と混同されることがあります。

えずくとは「食べ物を吐き出す。戻す。」という意味を持つ言葉です。
 

嗚咽とは意味がまったく異なるため、気を付けたいところです。

>

嗚咽の使い方・例文

  1. バットエンドの映画を観て、感情移入しすぎて嗚咽してしまった。
  2. 私は心から愛していた彼に分かれを告げられたショックで嗚咽した。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ