「形骸化」とは?意味や使い方を解説!

「形骸化」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「形骸化」について解説します。

目次

  1. 形骸化
  2. 形骸化の意味とは
  3. 形骸化の使い方・例文

形骸化

皆さんは「形骸化(けいがいか)」という言葉をご存知でしょうか。

「けいがいか」という読み方、正しい意味や使い方など、正確に説明できるでしょうか?

今回は「形骸化」という言葉について詳しく解説します。

形骸化の意味とは

>

形骸化とは「成立した当時の内容や意義が失われて、形だけが残ってしまうこと」という意味です。

読み方は「けいがいか」です。

形骸とは「(精神や命などを別にした)体、むくろ」「建物の骨組み」という意味で、そこから転じて「形だけの、内容がないもの」という意味も持ちます。

中身や実体のない、外側だけのものというイメージです。「形」だけの「骸」です。

この言葉が指すものとしてよく出てくるのは、社則や校則、そして法律です。

制定された当初は意味のあるものだったとしても、時代の移り変わりなどによって意味をなさなくなり「形骸化」してしまうのです。

また、そもそも拘束力が弱かったり穴があったりして、それらに従うべき人間に対して効果がないという意味での「形ばかりの法」つまり「形骸」であるということもあります。

こちらは最初から「形骸」である場合と、徐々に「形骸化」していくものの2種類に分けられます。

いずれにしても実際に効力を発揮できるように定期的に見直しを行い、「形骸」状態を脱しなければなりませんね。

形骸化の使い方・例文

  1. ここ数十年で日本社会はすっかり変わり、多くの法律が形骸化してしまった。
  2. 社長が会社創立当初に定めたスローガンも、今では形骸化しつつあるのが嘆かわしい。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ