「恋焦がれる」とは?意味や使い方を解説します!

「恋焦がれる」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「恋焦がれる」について解説します。

目次

  1. 恋焦がれる
  2. 恋焦がれるの意味とは
  3. 恋焦がれるの使い方・例文

恋焦がれる

恋焦がれる」という言葉の意味や使い方について解説します。

この「恋焦がれる」という言葉は、小説の一節やドラマのセリフなどで見たことや聞いたことがある方も多いかもしれません。

文章にする場合、前後の文脈によって「恋焦がれて」とも書きます。

使い方としては「部活の先輩に恋焦がれる。」といった表現が一般的です。

今回は、そんな恋焦がれるについて詳しく解説します。

この機会に深く理解していきましょう。

恋焦がれるの意味とは

>

恋焦がれるという言葉には、大きく分けて2つの意味があります。

まず、1つ目は「恋しくて、心が乱れて苦しむこと。」という意味になります。

使い方としては「部活の先輩に恋焦がれる。」といった表現が一般的です。

次に、2つ目は「恋しくて、恋しくて、たまらないこと。」という意味になります。

使い方としては「恋愛感情を抱いてはいけない先生に、恋焦がれる。」といった表現が一般的です。

文章にする場合には前後の文脈によって「恋焦がれて」とも表現します。

また、この「恋焦がれる」という言葉を分けて解説すると、恋は「ある対象の人物に愛情を寄せること。その心。恋愛。」という意味になります。

そして、焦がれるとは「強く心を惹かれる。」や「激しく好きだと思う。」といった意味があります。

恋焦がれるの使い方・例文

  1. 吹奏楽部の彼女は、いつも練習場所である教室の窓から恋焦がれる野球部の先輩の姿を眺めていた。
  2. かねてから恋焦がれている先生に、放課後マンツーマン指導を受けることになり胸が高鳴っている。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ