「賭博」の意味とは?意味や使い方を解説!

「賭博」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「賭博」について解説します。

目次

  1. 賭博
  2. 賭博の意味とは
  3. 賭博を使った文章・例

賭博

皆さんは「賭博」という言葉をご存知でしょうか。

「とばく」と読むこと、その意味や使い方など、何となく知っているという方も多いのではないかと思われます。

今回は「賭博」という言葉について詳しく解説します。

賭博の意味とは

>

賭博とは「金銭や品物などを賭けて勝負を争う遊戯のこと」という意味です。
読み方は「とばく」です。

賭博のために行われる勝負の内容はさまざまであり、古いものではサイコロを振って出た目を当てるという運の要素が絡むものや、花札やトランプといった運と戦略の両方が関わってくるカードゲームなどが一般的です。

参加者は掛け金を出して、親となる胴元あるいは参加者同士による対戦が行われ、勝敗によって決められた倍率で掛け金が再分配されるという形態をとることが多いです。
一対一の場合は敗北、複数人での勝負の場合は最下位となれば、掛け金は一切戻ってこないのがほとんどです。

現代ではパチンコなどの賭博遊戯のために作られた電子機器によるものや、競馬や競艇などの公開された試合の結果を予想するといった形態も増えています。
これらのシステムでは他者と勝負をするのではなく、的中させればその倍率に応じて掛け金が増えて戻ってくるという形になっています。

「賭博」は勝てば大きく得をするが負ければ賭けた物全てを失うというギャンブル性が強いもので、中毒性が高いことが問題視されています。
そのため、法律で禁じられている「賭博」も多くあります。

賭博を使った文章・例

  1. 近所の廃墟で違法賭博が行われているという噂があった。
  2. 先輩は現在金欠で、賭博で所持金を増やそうとしているらしい。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ