「氾濫」の意味とは?意味や使い方を解説!

「氾濫」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「氾濫」について解説します。

目次

  1. 氾濫
  2. 氾濫の意味とは
  3. 氾濫を使った文章・例

氾濫

皆さんは「氾濫」という言葉をご存知でしょうか。

他ではあまり見ない漢字が使われていますが、ニュースなどで見る機会は多い言葉です。
そのため、「はんらん」という読み方や意味を知っているという方が意外に多いのではないでしょうか。

今回は「氾濫」という言葉について詳しく解説します。

氾濫の意味とは

>

氾濫とは「川の水が増えてあふれ出ること。洪水になること。」「物や事が辺りいっぱいに出回ること」という意味です。
読み方は「はんらん」です。

あまり見慣れない漢字が使われているので解説すると、まず「氾」という漢字の音読みは「はん」、訓読みは「ひろ・がる」「あふ・れる」です。
意味は「ひろがる。あふれる。」「ひろい。あまねく。」「浮かぶ。漂う。」です。

「濫」の音読みは「らん」、訓読みは「みだ・れる」「みだ・りに」「う・かべる」です。
意味は「みだれる。みだりに。」「水があふれる。広がる。」「浮かべる」です。
元々の意味は「水があふれる」であり、暴れ狂う水流により「乱れる」という意味になっていったようです。

総合すると、「氾濫」とは「大量の水があふれ出る、広がる」という意味の漢字を合わせた熟語ということになります。

さらに、水があふれて洪水になると周辺地域に被害や混乱をもたらすことから、「悪いものが周囲に広がる」あるいは「何かが周囲にあふれ広がり悪いことになる」という意味としても使われるようになりました。

氾濫を使った文章・例

  1. 台風の接近により、河川が氾濫する可能性があると報道された。
  2. インターネットの発展によって、情報の氾濫が問題を招くことも起こるようになってきた。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ