「恥辱」の意味とは?意味や使い方を解説!

「恥辱」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「恥辱」について解説します。

目次

  1. 恥辱
  2. 恥辱(ちじょく)の意味とは
  3. 恥辱を使った文章・例

恥辱

恥辱」という言葉について解説します。

「同僚から根も葉もない噂を広められるという恥辱を受けた」「人前での土下座の強要をされたのは恥辱以外の何物でもない」

といった使い方をするこの言葉、みなさんはこの「恥辱」という言葉を見聞きしたことがあるでしょうか。

堅い言い回しなので、なかなか普段の生活の中で使うという機会はないかもしれませんが、ここで一度整理してみましょう。

ということで、ここではそんな「恥辱」という言葉について、意味や使い方・読み方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

恥辱(ちじょく)の意味とは

恥辱(読み方・ちじょく)とは「体面、名誉などを傷つけること、はずかしめ」という意味の言葉となっています。

ということで、「恥辱を受けた」といった場合は「はずかしめを受けた」という意味になり、「恥辱以外の何物でもない」といった場合は「名誉を傷つけられること以外の何物でもない」という意味になることが分かるのではないでしょうか。

日常の生活では恥ずかしい目にあった。とか、恥ずかしい思いをした。などと言うことの方が多いと思いますが、覚えておいてみてください。

私たちはもしも自分になんらかの落ち度があったとしても、故意に名誉を傷つけられたり、はずかしめを受けるということはされるべきではありません。

ですが、真っ当な指摘をされているのにも関わらず、恥辱だと受け取るような人も一定数います。

この言葉を使うこともそうですが、それに該当するような行動も気をつけなければなりませんね。

>

恥辱を使った文章・例

  • 会議の場で部長から受けた恥辱は忘れることはないだろう

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ