「号砲」の意味とは?意味や使い方を解説!

「号砲」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「号砲」について解説します。

目次

  1. 号砲
  2. 号砲の意味とは
  3. 号砲を使った文章・例

号砲

号砲」という言葉について解説します。

「花火大会開催の号砲が鳴った」「正午の号砲」といった使い方をするこの言葉、皆さんは見聞きした事があるでしょうか。

漢字のイメージからか、なぜか昔の言葉という気がしなくもないですが、なかなか日常生活の中で「号砲」という言葉を使う機会がないかもしれません。

とはいえ、意外と生活の中に溶け込んでいたりするものでもあります。

ここではそんな「号砲」という言葉について、意味や使い方・読み方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

号砲の意味とは

号砲とは

  1. 合図のために打つ銃砲、また、その音
  2. 特に、時刻を知らせる大砲の音
といった意味の言葉となっています。

花火大会やお祭りなどが開催される場合、その数時間前に「バン、バン」という花火のような音を聞いたことがあると思います。

あれも一種の号砲です。また、始まりの合図として打つ銃砲、スターターピストルなんていう言い方もしますが、あれも号砲です。

また、今はあまり聞きませんが、昔は正午など軸になる時間になると大砲が鳴ったりしました。これも号砲です。

言葉自体はあまり馴染みがないかもしれませんが、実は色々なところに号砲があったりします。

みなさんも生活の中にある号砲を探してみてはいかがでしょうか。

>

号砲を使った文章・例

  • 幼稚園の運動会で、始まりの合図である号砲にびっくりしすぎて、立ちすくんだ思い出。
  • 花火大会当日の号砲は、老若男女問わずに心待ちにしている。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ