「処罰」の意味とは?意味や使い方を解説!

「処罰」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「処罰」について解説します。

目次

  1. 処罰
  2. 処罰の意味とは
  3. 処罰を使った文章・例

処罰

処罰(読み:しょばつ)』という言葉について解説します。

皆さんはこの言葉、見聞きした事はあるでしょうか?
ニュースやドラマなどで、見聞きした事がある方が、多いかもしれません。
罰を与えるイメージのこの言葉には、どのような意味合いがあるのでしょうか。

聞いた事がある方も、そうじゃない方も、ここで一度整理してみましょう。

ということで、ここではそんな【処罰】という言葉について、意味や使い方・読み方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

 

処罰の意味とは

>

処罰(読み:しょばつ)とは『罰する、罪に相当する罰を与える。刑罰に処する事。』という意味の言葉となっています。

簡単に言うと、悪いことをした人が罪に問われ罰を与えられる!と言った意味です。

このご時世、様々な犯罪が頻繁に起き、ニュースを騒がせていますが、悪いことをした人は、きちんと罰を与える・・・それが処罰です。

処罰の意味合いはそうでも、処罰を与える方々は、ただ罰を与えるだけではなく、なんとか更生してほしい!という強い気持ちもあるかと思います。

なので、この【処罰】という意味には、更生の意味も込められていると、私は思います。

生きていれば、この上ない苦痛を味わったり、哀しみが訪れることもあるかもしれません。

そして、【なぜ私だけ・・・。】と悲観してしまうこともあります。けれど、その苦しみは当たり前ではないし、絶え続けなければいけないものでもありません。

逃げたって、転んだって、泣いたって、助けを求めたっていいので、どうか処罰を受けるような犯罪を起こさないようにと祈っています。

処罰を使った文章・例

・生活苦で誰にも言えず、強盗を働き処罰された。
・処罰されるような人ではないと、誰もが口をそろえて証言した。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ