「若干」とは?意味や使い方を解説します!

「若干」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「若干」について解説します。

目次

  1. 若干
  2. 若干の意味とは
  3. 若干の使い方・例文

若干

若干(読み方:じゃっかん)」という言葉について解説します。

皆さんは、この言葉を見聞きした事はあるでしょうか?

というよりも、頻繁に使用しているという方のほうが多いかもしれません。

「若干残したかもしれない。」「若今年は、若干数の新メンバーを起用し、新グループを作り上げた。」などと使用します。

良く使用はされている様にもいますが、意味をあまり知らずに使用するのは恥ずかしいですよね?

見聞きした事がある人や、使用している人もいるかもしれませんがここで一度整理してみましょう。

ということで、ここではそんな【若干】という言葉について、意味や使い方・読み方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。
 

若干の意味とは

若干(読み方:じゃっかん)とは「数量が定まっていない、はっきりしないがさほど多くないこと。」という意味の言葉となっています。

あまり数の多くないことをさすこの言葉。皆さんは、使用しているけれど、本当の意味は理解してなかった!なんて方もいるかもしれません。

普段から、この言葉を見聞きする事は多いかもしれませんが、今一度この場の意味を知っておくのも良いかもしれませんね。

ここ最近は未知のウィルスに脅かされ、外出も制限されることが多く、滅入ったり、暗い気落ちになる事も多かったかもしれませんが、その制限も若干和らいできたので、今のうちにお出かけをして、気分転換をするのもいいのではないでしょうか。
 

>

若干の使い方・例文

・今年は若干数お応募の中から、数名の優秀な人材が採用できた。
・姉よりも若干頭が良い妹達。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ