「閾値」とは?意味や使い方を解説します!

「閾値」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「閾値」について解説します。

目次

  1. 閾値
  2. 閾値(しきち・しきいち)の意味とは
  3. 閾値の使い方・例文

閾値

閾値」という言葉について解説します。

みなさんはこの「閾値」という字を見たことがあるでしょうか。

普通に人生を生きていれば、意味や使い方を知らなくても見かけたことがある。といった言葉がほとんどだと思いますが、この「閾値」はどうでしょうか。

なんだこれ。

と、思った方、あなたは素直できっと良いひとです。私もそう思いました。

ここではそんな一般的な感覚からすると謎の言葉「閾値」という言葉について、意味や使い方・読み方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

閾値(しきち・しきいち)の意味とは

閾値(読み方・しきち・しきいち)とは

  1. ある反応を起こさせる、最低の刺激量。
  2. 死体の感覚に興奮を生じさせるために必要な刺激の最小値。
といった意味の言葉となっています。

かなりざっくりと説明すると、境目となる値。となります。

英語で表現すると「リミット」となりますので、こちらの方がイメージを掴みやすいかもしれません。

意味では最小値といった表現になっていますが、逆の表現をすると限界値と言えます。

ストレスが閾値を超える。=ストレスがリミットを超える。と言えるので、意味が想像しやすいですよね。

ただし、ある界隈で使われる言葉とも言えるので、日常生活で「閾値がさぁ…」と使うと、変人扱いされるかもしれませんので、ご注意を。
 

>

閾値の使い方・例文

  • 痛風が発症するのかしないのか、プリン体の閾値は人それぞれ違うらしい。
  • ストレスの閾値が超えたせいか、顔に蕁麻疹が出始めた。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ