「配賦」とは?意味や使い方を解説します!

「配賦」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「配賦」について解説します。

目次

  1. 配賦
  2. 配賦の意味とは
  3. 配賦の使い方・例文

配賦

配賦」という言葉について解説します。

「賦課と配賦」「負担金を配賦する」といった使い方をするこの言葉、みなさんは見聞きした事があるでしょうか。

普通に日常生活を送る上で出会うことはほぼないと言える言葉ですので、初耳だという方も多くいらっしゃるかもしれません。

配布であれば、馴染み深い言葉ですが、ここで紹介するのは「配賦(はいふ)」です。

同じ発音でも意味や使い方は大きく違いますので、ここで一度押さえてみましょう。

ということで、ここではそんな「配賦」という言葉について、意味や使い方・読み方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

配賦の意味とは

配賦(読み方・はいふ)とは「割り当てること、割り振ること」という意味の言葉となっています。

負担金を配賦する。といった場合、負担金を割り当てる。という意味になることが分かるのではないでしょうか。

ちなみに、「賦課と配賦」と並んで使われることがありますが、「賦課」は割り当てて負担させる。という意味の言葉で、配賦は割り当てることのみを指します。若干違いますので、この違いも押さえておきましょう。

ビジネスの場では経営や原価などの話題でこの配賦という言葉が登場します。

また、同じ話題の時に間接配賦という言葉も出てきますが、間接配賦とはある製品を作る時に出たものだけでなく他の製品を作った際に出た費用を配賦することを指します。

簿記などの勉強をすると出てくる言葉ですが、なんとなくイメージだけでも持っておいても悪くないのではないでしょうか。

>

配賦の使い方・例文

・負担金の配賦がされたが、うちが負担する意味が分からない。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ