「賦課」とは?意味や使い方を解説します!

「賦課」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「賦課」について解説します。

目次

  1. 賦課
  2. 賦課(ふか)の意味とは
  3. 賦課の使い方・例文

賦課

賦課」という言葉について解説します。

「配賦と賦課」「賦課額」といった使い方をするこの言葉、皆さんは見聞きした事があるでしょうか。

なかなか日常生活の中で出会うことは少ない言葉ですので、初耳という方も多くいらっしゃるかもしれません。

専門性の高い言葉とも言えそうですし、知らなくても困らない言葉と言えなくもなさそうですが、ここで一度押さえてみるのも大人の嗜みではないでしょうか。

本当に知らなくても別に困ら

ということで、ここではそんな「賦課」という言葉について、意味や使い方・読み方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

賦課(ふか)の意味とは

賦課(読み方・ふか)とは「税金などを割り当てて負担させること」という意味の言葉となっています。

地方税を賦課する。といった使い方をしますが、この場合、「地方税を割り合てて負担させる」という意味になることが分かるのではないでしょうか。

ちなみに、さきほど出た「賦課と配賦」といった場合の「配賦」の意味は「割り当てること。割り振ること」です。

一般的に配賦といった場合は、費用などを各事業などに割り当てることを指して使われます。

ビジネスの場で、賦課??配賦??となってしまっては格好がつかないので、覚えてみてはいかがでしょうか。

>

賦課の使い方・例文

  • うちの事業所だけが、賦課額が多いのは何かしらの政治が働いているに違いない。
  • 賦課されることが決まってしまったので、財政が圧迫している。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ