「割賦」とは?意味や使い方を解説します!

「割賦」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「割賦」について解説します。

目次

  1. 割賦
  2. 割賦(かっぷ)の意味とは
  3. 割賦の使い方・例文

割賦

割賦」という言葉について解説します。

「割賦」「割賦金」といった形で使われるこの言葉。

みなさんは見聞きした事はあるでしょうか。

日常生活の中でというよりも、何かしらの契約を結ぶ際や、購入する際に書類の中で目にすることが多いかと思います。

話の流れや前後の文脈でなんとなく意味を把握しつつも、読み方やきちんとした意味をなんとなく流してしまっているという方は僕だけじゃないはずいらっしゃるかもしれません。

しかし、この言葉は意味をきちんと把握した上で触れないとトラブルの元になりかねない言葉です。

ということで、ここではそんな「割賦」という言葉について、意味や使い方・読み方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

割賦(かっぷ)の意味とは

割賦(読み方・かっぷ)とは「代金を何回かに分けて支払うこと。また、そういう支払い方法。月賦・年賦の類。割賦払い」という意味の言葉になっています。

ざっくり言うと、分割払いと言えるでしょうか。

読み方は「かっぷ」です。

音的に、珍しい感じがしますが、月賦(げっぷ)年賦(ねんぷ)割賦(わっぷ)といった感じで、この言葉に類する言葉の読み方・音は軒並みこういったものになっています。

ちなみに「割賦金」といった場合は、何回かに分けて支払うお金のことを指します。

高い買い物をする時などに目にすることが多い言葉なので、意味はきちんと把握しておいた方がよさそうですね。

>

割賦の使い方・例文

  • スマホ本体を24回の割賦で購入したが、払いきる前に壊れてしまった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ